【新電力】電力契約切り替え257万件 16年4月~12月、全家庭の4.1%

2017年1月13日 日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H0N_T10C17A1000000/

経済産業省の認可法人である電力広域的運営推進機関は13日、家庭向けの電気の小売りが自由化した昨年4月から12月までに257万4500件の契約が電力大手から新電力などに移ったと発表した。

4.1%の家庭が乗り換えた計算で、着実に広がっている。

 

地域別では首都圏が最多の144万3800件だった。ガスや石油元売り、通信など異業種からの新規参入が相次ぎ、域内の家庭の6.3%が切り替えた。

関西は51万7900件、中部は20万2800件だった。1万2300件の北陸や1万6600件の中国は盛り上がりを欠いたままだ。