【新電力(PPS)】電気料金、83%が「安ければ乗り換えたい」自由化意識調査で明らかに

 2016年4月の電力小売り自由化に対する意識を、みずほ情報総研が全国3500人の成人男女を対象にインターネット調査したところ、83%が「電気料金が現在より低ければ乗り換えたい」と答えたことが8日、明らかになった。


 また、電力供給事業者を選ぶときの判断材料として、「緊急時、災害時にも停電せず、安定して電力を供給できること」が81%と最も多く、「安さ」「安定性」を重視する消費者の傾向が浮かび上がった。


 電気料金がどれだけ値下がりすれば乗り換えるかについては、「5%以上の低減で乗り換える」とした人は19%、「10%以上の低減」は33%、「20%以上の低減」は66%だった。


 乗り換え先の候補として「ぜひ検討したい・検討してもよい」とした中で、最も多かったのは、地方自治体の49%となった。インターネット調査は今年2月10日から23日にかけて行われた。